つらい顎関節症をあなたの根本から改善して、快適な顎環境へ

顎関節症の検査

顎関節症(がくかんせつしょう)になったら

 

最近、顎関節症(がくかんせつしょう)で外来に訪れる方が多くなってきています。

 

顎に違和感があるという方が、病院に訪れ、適切な検査をしてもらっているようです。

 

顎関節症になると、主な症状の中には、顎の開け閉めがうまくいかない、大きく口を開く事ができない、顎が鳴る、噛み合わせが悪いなどの症状が見られるようになってきます。

 

顎関節症には程度があり、軽度のものもありますし、重度のものもあります。

 

いずれにしても、早めの処置が求められますので、放っておかずに、検査を受け、適切な治療を受けていきましょう。

 

セルフチェックで検査する

 

顎が何だかおかしいと違和感を覚えるようになった時は、顎関節症である場合もあります。

 

一時的に顎が痛んでいるだけという場合もありますので、顎が痛んだり、違和感を感じるからといって、必ずしも深刻な顎関節症だとも限りませんので、必ず症状のチェックや検査をしていくようにして下さい。

 

歯ぎしりが元々ひどい人は、顎関節症に関係なく、顎が一時的に痛んでしまうというケースもあります。

 

病院で検査を受ける前に、自己チェックでも、顎関節症かどうかの検査をしていく事ができます。

 

例えば、口をどの程度まで大きく開ける事ができるのかという事から顎関節症かどうかを判断する事もできます。

 

口を開けて、人差し指〜薬指までの三本が入るくらい開ける事ができれば、顎関節症の可能性も低いと言えます。

 

MRIを受けよう

 

病院で顎関節症の検査を行うにあたり、最近では、MRIを使って検査する事ができるようになっています。

 

病院ごとに、顎関節症の検査方法には、若干の違いも見られますが、これからますますMRI検査を導入するところが増えてくるだろうという事が推測できます。