つらい顎関節症をあなたの根本から改善して、快適な顎環境へ

マウスピースでの治療効果は?

顎関節症はマウスピースで治療できる

 

顎関節症を治療していく時、マウスピースを口にはめて治していくという方法もあります。

 

一部の方には、これは顎関節症には効かないという方もいらっしゃいますが、実際、マウスピースは、顎関節症に非常に効果的なものです。

 

マウスピースを使う時は、夜、寝ている時などがおすすめです。

 

寝ている間だけ、マウスピースを口にはめて治療に役立てている人という方もいらっしゃいます。

 

外でする必要はないので、口元を心配する必要もありません。

 

人によっては、そのマウスピースを口にはめると、非常に強く締め付けられる感じがして痛くなってしまうという方もいらっしゃいますので、自分の口によく合ったマウスピースを作ってもらう必要があります。

 

マウスピースは、歯医者で歯の型撮りをしてもらい、造ってもらう事ができます。

 

マウスピースを使うといい人

 

歯のかみ合わせが元々悪い方や、歯ぎしりをしてしまう癖のある方や、歯並びが悪い方、顎がコキコキと鳴ってしまう方、顎関節症の症状がある方は、夜、寝る時だけでも、マウスピースを口にあてておくといいです。
マウスピースは、顎関節症の治療にも役立てられるものですし、歯医者での治療にもよく利用されます。

 

矯正器具の一つとしても利用される事もあるようです。

 

マウスピースの役割とは

 

マウスピースが顎関節症の治療に役立つのは、歯のかみ合わせを改善してくれたり、顎の関節の負担を軽減させてくれる働きがあるからです。